FC2ブログ

2019年の目標について

2018年の目標の達成度を考慮しつつ、立ててみました・・・

①投資の勉強を少しはしよう!(銘柄研究も含む)
2018年は途中から業務関連の勉強で忙しくなり、何も読めなかったし、惰性で買いたい会社の株買ってただけなので。まあ、ぼちぼち継続的に読めれば5冊はいけるだろうから、それを目標に。読んだら簡単な感想をupしておこう、記録として。

②引き続き米国株を中心に海外株の比率を上げる
これについては、基本方針として。○○ショックで日本株のほうが激しく下落するようなことがあれば、日本のブルーチップ銘柄を買うことはありうると思うので。

③英語力をつける
これについては、やはり米国株関連のニュースやIR情報、あるいはtwitter or blogで海外の有益な情報を得ようとするなら、やっぱり必須かなと。せめて1回はTOEIC受けることを目標に頑張ろう!

④自宅のネット環境のwifi化
ここまでやってないと、やる気あんのかって感じですがね・・・

⑤受取配当金および貸株金利の目標について
まあ、2018年比25%増を狙いたいですね。今年は高くなった日本株の一部を売って高配当米国株を買ったことが大きく寄与しましたが、来年はそのペースは落ちると思うので。

⑥GMP他仕事関係の積読本を読む(5冊以上)
これも引き続き。簡単な感想でもいいから、upしよう。

2018年に目標としていたコストダウンについては、あんまり手段が思いつきそうにないので、パス。

というところかな。

スポンサーサイト



今年一年の振り返り

途中から、更新してませんでしたが、1年の振り返りとして・・・

まず、今年の目標の達成度を簡単にまとめたいと思います。

①投資本を読む(5冊以上←適当)
>3冊しか読んで感想文書いてない・・・でも、今は業務関係の参考書やら講習テキストを読むので手一杯なので、これはこれでよしとしたいと思います。来年も読めたら読みたいですね。積読本はあいかわらず多いので。一応目標は5冊以上としておこうかな。

②人口減少で不利になる日本株の一部から少しずつ撤退し、優位性があると考える日本株および米国株・海外株を買っていく
>これはけっこう実践しました。といっても日本株で売ったのはそれほど多くありません。やっぱり優待株は手放せない・・・
(売り&一部売り)クロスプラス、丸和運輸、サンリオ、ヒトコム、アグロ カネショウ、アクアライン、カワタ、綿半、東祥、共立メンテ、大研医器、廣済堂
(買い&買い増し)JT、コマツ、ユニゾ、ソフトバンク、PFF、CPB、PM、AMZN、MKC、CL、DUK、WFC、PFE、WBK、MO、AMGN、BTI、GIS、KHC、GM、ENB、T、BND、IBM、LMT

全部羅列してみると、すごい勢いで米国株&ETF買ったなあ・・・

③英語力をつける(何とか持続させる)
>頑張りました~けっこういろいろ参考書を読みふけりました・・・

④自宅のネット環境のwifi化
>いまだやってない、どうしよ・・・

⑤受取配当額の目標設定
最初に20%増をなんとなく目標にしてましたが、30.9%増と大幅に増えました。ありがたや~

⑥GMP他仕事関係の積読本を読む(5冊以上)
感想は書いてないけど、これもけっこう頑張った!来年もひきつづきやらないと。

⑦固定費ほかコストダウン
これは全然・・・

最後に年次成績でも。ことしはひどかった~

年初来 -19.6%

まあ、しゃーないわな・・・いちいち動揺してたら仕方ないしね・・・
来年もぼちぼち行きたいですね。

では、みなさん、よいお年を!
(こんな過疎っているブログ読む人そんないないだろうけど)


アマゾンがわかる ― 読書感想メモ

アマゾンの今を概説する本。
ざっと知るにはよい本と思う。

巻末に参照HPのURLや関連書籍の紹介もある。
一部へんてこな間違いもあるが、まあいいでしょう。
アマゾンを買い増したくなる。

一応、ひととおり読んだという記録として。

4月末として

2か月空きました・・・

パフォはあいかわらず冴えません、年初来で -3.7% (笑)

買い エプコ、BTI、PM、GIS、PFF

売り エプコ、G-FAC

となっています。エプコについてはやはりバリュエーションが高すぎるのでは、と思い直し、やれやれ売りをしました(それなら最初から買うなということですけれども)
G-FACは吹いたところで売りました。
BTI、PM、GIS、PFFはナンピンです。といっても配当再投資なので、ごくわずかずつです・・・

今日は一日相場を見れたので、ソフトバンクでデイトレの練習をしてみました、どきどきですね・・・
ランチ代くらいにはなりました(とうぜん運が良かっただけです)


ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること―読書感想文

暴落?に巻き込まれてさらにお金減ってますが、まあそれはおいといて・・・

さすがに各所で評判がいい本でありまして、いろいろと気付きがありました。

沿革を見る
事業別に見る
半期毎というように細かく見る
PERの目安と基準の根拠

といったところは参考になりました。

実際の事例については、よく知っている人にとっては目新しくはないでしょうけれども、見方・考え方を学べると思います。

後は、銘柄情報整理術の章の内容をいかに自分の銘柄分析に生かすかというところですね。

すぐに読めてしまいますが、読んでよかったです。


08 | 2019/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

teaandeel

Author:teaandeel
化学屋です。一応プロセス開発やってきましたが品質保証をやらされることになりました。限界を超えてしまいそうです・・・好きな言葉:株主優待・高配当株・増収増益増配・アーリーリタイアメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR