FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマゾンと物流大戦争(角井 亮一氏 著)の読書感想文

読みました。

大戦争、は言い過ぎと思いますが。

ネット通販を物流という面から解説した内容です。著者は物流の専門家なんですな。

ネット通販は店舗が無い分、そこにかかる経費をカットできるけれども、(総合通販の場合は)店舗販売よりも多数の品ぞろえをしなければならないため、物流センター等への投資が重荷になる。
ばかでかい物流センターを建てたけれども需要が思ったほどなくて傾いた会社もたくさんある。

では、アマゾンをはじめとして、(アマゾンに対抗するところも含めて)どのような効率的な方法を編み出しているか、を解説しているわけですな。

楽天のようなモール型のネット通販がすばやく巨大化できたわけやその後の苦戦の理由が解説してあります。
モール型は店舗の寄せ集めなので、一元的に配送を楽天が管理するのはそもそも難しかったうえに、性急に物流網を築こうとして、その投資負担に耐え切れなかった。
物流網、すなわちロジスティックスは、小さく始め、ノウハウを積み上げながら広げていくことが成功のカギの一つらしい。
アマゾンはその点、書籍の通販から始めたので、書籍は腐らないし、比較的サイズもそろっているし、ということでノウハウを積み上げやすかった、という利点がある。

そのほか、ロジスティックスという観点から、独自の工夫をしている企業が多数紹介されていてためになります。
アマゾンに文字通り対抗しようしているウォルマートなど、EDLPの本当の狙い、いかに鞭効果を抑えて配送を効率化するか等、とても面白かったです。

AMZNの株主ですが、WMTもけっこういけてるなあ、という印象を受けました。
日本企業も紹介されてますし、それらの企業をよく調べた方には既知の内容だと思いますが、広く知るにはよい本です。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

teaandeel

Author:teaandeel
化学屋です。一応プロセス開発やってきましたが品質保証をやらされることになりました。限界を超えてしまいそうです・・・好きな言葉:株主優待・高配当株・増収増益増配・アーリーリタイアメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。